FC2ブログ

記事一覧

『うたしな8月❣🌈』 良樹細根❣✨

20180801055746de7.jpeg 
(札幌ハーベストリゾートからの、絵画のような風景❣✨)


おはようございます❣

ついに、8月がきました❣㊗️

うれしいなあ〜❣
たのしいなあ〜❣
しあわせだな〜❣

なんで、8月が、うれしいかって⁉️

それは、8月が、夏休みの月だったからです❣

ただし、子供の時の思い出ですけど。笑

今は、年中無休です❗️笑


さて、今日のテーマは、

『良樹細根』

中国の荘子の言葉です。


良い木は、細くて長いしっかりとした根を持っている。
っていうことを表す言葉ですね。

ほんの小さな名もない雑草でも、
すごい立派な無数の細い長い根を持ってるのって、知ってます?

ですから、普通に生えている木は、どれだけのすごい根を持っていることでしょう。

ましてや、大木や高木なんてなると、
本当にすごく根がしっかりとしているんだと思います。

で、今日は、

「しっかりとした、細くて長い根を張りましょう❣」

という、話だと思ったでしょ?

では、ないんです。笑

もちろん、それも、大切な話なんですが、

今日は、さらに進んで、

『土(つち)』

の話なんです。

「土」という字は、

地面「_ 」 に、十字架「十」を立てたという、不思議な字です。

「_ 」だけにすれば、良かったのに。笑

で、さきほどの、大切だと言った「根」も、

良い「土」がないと、しっかりと育たないんです。


ですから、「根」も大切ですが、

そのベースとなる「土」は、その十倍以上大切なんです。


「良樹」となる前に、「良根(細根)」が必要で、

「良根(細根)」になるには、「良土」が、必要なんです。


で、その良土を、

『基』

と、言います❣

『基(き)』ですよ❣

「墓(はか)」でないからね。笑


ちょっと長いですが、本日のみことばです。

------------------------

【 新訳聖書 マタイの福音書 13章3節〜23節 】


種を蒔く人が種蒔きに出かけた。

蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると鳥が来て食べてしまった。

また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。土が深くなかったので、すぐに芽を出した。

しかし、日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。

また、別の種はいばらの中に落ちたが、いばらが伸びて、ふさいでしまった。

別の種は良い地に落ちて、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結んだ。

耳のある者は聞きなさい。

すると、弟子たちが近寄って来て、イエスに言った。「なぜ、彼らにたとえでお話しになったのですか。」

イエスは答えて言われた。「あなたがたには、天の御国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていません。

というのは、持っている者はさらに与えられて豊かになり、持たない者は持っているものまでも取り上げられてしまうからです。

わたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです。

こうしてイザヤの告げた預言が彼らの上に実現したのです。
 『あなたがたは確かに聞きはするが、
 決して悟らない。
 確かに見てはいるが、決してわからない。

 この民の心は鈍くなり、
 その耳は遠く、
 目はつぶっているからである。
 それは、彼らがその目で見、その耳で聞き、
 その心で悟って立ち返り、
 わたしにいやされることのないためである。』

しかし、あなたがたの目は見ているから幸いです。また、あなたがたの耳は聞いているから幸いです。

まことに、あなたがたに告げます。多くの預言者や義人たちが、あなたがたの見ているものを見たいと、切に願ったのに見られず、あなたがたの聞いていることを聞きたいと、切に願ったのに聞けなかったのです。

ですから、種蒔きのたとえを聞きなさい。

御国のことばを聞いても悟らないと、悪い者が来て、その人の心に蒔かれたものを奪って行きます。道ばたに蒔かれるとは、このような人のことです。

また岩地に蒔かれるとは、みことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れる人のことです。

しかし、自分のうちに根がないため、しばらくの間そうするだけで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。

また、いばらの中に蒔かれるとは、みことばを聞くが、この世の心づかいと富の惑わしとがみことばをふさぐため、実を結ばない人のことです。

ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」

------------------------------------

私たちも、良い土に蒔かれて、100倍の実(ハーベスト)を結ぶものとなりたいものです。


実は、その良い土は、遠くでなくて、

私たちの足元にあります。


まずは、家族、職場、近隣が、私たちが蒔かれた良い地なのだと思います。


まずは、家族を大切にしましょう。

職場の仲間を大切にしましょう。

近隣の人たちにも親切にしましょう。


私たちの良い地は、実は、私たちの足元にあって、

そこに、まずは、小さな細い根を張ることから、

人生の祝福が始まるように思いました。


8131(ハイサイ = 沖縄方言で、「こんにちは」の意味)の、8月が、始まりました。


まずは、身近な、家族、同僚、近隣の人たちに、

笑顔で、明るい声で、

「おはよう❣」「こんにちは❣」「元気❓😃」

って、声をかけるところから始めてみましょうか?

自分も、やってみます❣笑


ガッドブレスユー❣🌈㊗️

今日も、素晴らしい夏を、お過ごしください❣

201807020457537c1.jpeg 














コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたしなミキさん

Author:うたしなミキさん
うれしいなあ〜❣
たのしいなあ〜❣
しあわせだな〜❣
良い言葉が、良い人生を創る。
うたしな教え
札幌ハーベストチャーチ
うたしなミキさんです❣😃

最新コメント

カテゴリ